沖縄のクラブ各店舗の特徴を解説!貴方に合ったクラブを探そう

今回の記事は沖縄のクラブについてまとめて紹介していきたいと思います。

沖縄の夜で遊ぶなら那覇!!という位、那覇には遊べる場所があります。

今回はそんな那覇の街にある4大おすすめグラブについて地元民が紹介したいと思います。沖縄のクラブと県外のクラブの違いもまとめて紹介できたらと思います。

この記事を読めばあなたも沖縄クラブマスターになれるかも(笑)

沖縄のクラブ4大スポット

沖縄、クラブ、4大、スポット
イエロー

住所:沖縄県那覇市久茂地3-3-1ニューサンパルコビル 5F

料金:男性:2000円  女性:1000円

定休日:年中無休

OPEN:PM22:00~AM5:00

URL:https://twitter.com/djdiningyellow

エピカ(epica)

住所: 那覇市 松山1-5-1 ナムラプラザビル 3F

料金:料金は日によって変わるので公式サイトから確認お願いします。

定休日:年中無休

POEN:PM21:00~AM5:00

URL:http://www.epica.okinawa.jp/

G+

住所: 那覇市松山1-34-3 カクテルプラザビル地下一階

料金:時間帯によって変わるので公式サイトから確認お願いします。

定休日:年中無休

POEN:PM22:00~AM5:00

URL:https://www.facebook.com/gplus0421/

クラウン

住所:沖縄県那覇市松山2-15-8富士家スクラッチビル2F

料金:男性:2000円 女性:1000円

定休日:月曜日

POEN:PM22:00~AM5:00

URL:https://www.facebook.com/CLUB.Lounge.CROWN

沖縄クラブ紹介

沖縄、クラブ、紹介

イエローの場合

国際通りに位置し、多くの観光客がいます。結婚式などの二次会で来る人も多いので、かなりの人が来ますが、箱はあまり広くないので人が多い時はぎゅうぎゅうになります(笑)

それにイエローの場合同じビルにダーツ、相席居酒屋、BARがある為に遊び放題です!!イエローは入場の際にスタンプも押してくれるので、出入りが自由にできる点もイエローのオススメPOINTの一つだと思います。

沖縄県民や観光客で来ている人にもおすすめの店舗です!選曲はオールジャンルです。

エピカの場合

松山という沖縄では有名な飲み屋街にあり、年齢層はかなり幅が広いクラブです。沖縄で一番の箱の広さを誇り、中には洋楽専用DJスペースもあるので沖縄でも屈指のオススメクラブになります。

観光で沖縄に来る人もかなり楽しめるクラブになっていると思います。また松山の周りには居酒屋などもたくさんあり、飲んだ後にはしゃぎたい人はエピカにGo!!ですね(笑)

エピカはゲストもかなり頻繁に呼んでいるので気になる方はチェックして見てはいかがでしょうか?選曲はオールジャンル&洋楽です。

G+の場合

飲み屋街からは少し離れていますが、沖縄ではかなり有名なクラブの一つで一定の評判があります!!

こちらも泡盛、ソフトドリンクが飲み放題です。箱の広さは沖縄クラブの平均的な広さなのではないかと思います。個人の意見はイエローより少し大きい感じ?がします!

こちらは沖縄県民におすすめできるクラブだと思います。理由は地元ノリがすこし強い感じがするので観光客の人はあまり楽しめないかもしれません。選曲はオールジャンルです。

クラウンの場合

こちらも松山に位置し近くには飲み屋、居酒屋などお酒を飲める場所がたくさんあるので飲んだ後に流れる事ができる店舗です。年齢層は基本若い子が多いで、選曲はオールジャンル&ラップ系です。

クラウンも基本泡盛、ソフトドリンクは飲み放題で席も空いていれば案内してくれるので早めに行けば席に座りながら楽しめる店舗です。箱の広さも比較的広めでエピカより少し広めな感じです。イベントもラッパーの方をよく呼んでるクラブです。

クラブは、、、、と思う方も好きなアーティストが来ている場合があるのでチェックして見てはいかがでしょうか?選曲はオールジャンル&ラップ系

以上が沖縄クラブ4大スポットの紹介でした。各店舗で仕様が異なったり、曲の流れるジャンルも変わってくるので自分が好きな曲が流れる店舗を探して行くとより一層クラブが楽しくなると思います。あと各店舗で来る客層が変わってくるのでその辺もサーチして行った方がいいと思います。

箱の広さとはお店の中もしくはホールの広さと思ってもらえればOKです。

(上記に書いてある事はすべて個人の意見です)

沖縄クラブと県外クラブの違い

沖縄クラブ、違い、県外クラブ

まずは沖縄クラブの特徴について見ていきたいと思います!


・泡盛、ソフトドリンクが飲み放題


・店舗によっては地元ノリがある


・曲の選曲は比較的に洋楽多め


・基本箱が小さめ


・座れる席が少ない


・クラブ店舗はあまり近くない


・開く時間がおそめ


・現金でお酒を買う場合が多い

つぎは県外クラブの特徴について見ていきたいと思います!


・基本開く時間早め


・飲み放題の店舗は少ない


・チケット制が多い


・入場の際にチケットが付いてくる店舗が多い


・箱が広い


・座れる席が多め


・選曲はオールジャンル定番曲多め


・閉まる時間が早い場合もある

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はクラブについて書いてみました。これを読んでもらえれば沖縄のクラブ形態が少しは分かるのではないでしょうか!!クラブ初心者は入りずらいという場合もあるので、これを読んで少しでも為になればいいなと思っています。

沖縄のクラブ事情はおそらく県外から来るお客さんも視野にいれての形態だと思うので自分に合った店舗を探した方がいいと思います。楽しいクラブライフを一緒に送りましょうね(@^^)/~~~

沖縄、クラブ、紹介
チェックしてね!
広告