語彙力とコミュ力の関係性について!知ってるだけで生活が変わる!?

語彙力という言葉を一度は聞いた事があると思います!

語彙力は本当に必要なのか?

語彙力は勉強するべきなのか?

どんな時に必要になのか?

イマイチ分からない( ゚Д゚) なので、今回は個人的に語彙力が必要なのか?を思案してみました!!

語彙力とは?

語彙力とは言い換える力の事で「言葉」「単語」をどれだけ知っているかが語彙力です!

はい、終わりです!

冗談です(笑)

語彙力=単語のレパートリーが多い人とも言えます!では、語彙力が「ある人」「ない人」を具体例で見ていきましょう。

具体例

語彙力のある人

綺麗 → 美しい、楚々、麗しい、美美しい

語彙力がない人

綺麗 →綺麗


色んな言葉が出る人が語彙力がある人
という事になります。


では、そんな語彙力って必要なの?と疑問に思う方もいますが、実は語彙力が無いせいで損をしている事が沢山あります。

語彙力が無いせいで「損をする事」


・頭が悪く見える

・すぐキレる

・社会人の場合、評価が下がる

・語彙力がないと文章力もない

・自分の感情や思いを的確に伝えられない


理由を1つ1つ見ていきましょう!!

 

・頭が悪く見える

語彙力がないと頭が悪く見えます!それはなぜか?語彙力がないと喋る言葉が単調になり、同じ言葉を繰り返し使う人は、IQが低く頭が悪く見えるからです!

言葉のレパートリーがない為、同じ言葉を繰り返してしまう。

・すぐキレる

すぐキレる人は語彙力が無い人と言えます。

なぜか?それは、すぐキレる人は自分の気持ちを上手く表現できず、単純で強い言葉しか使わないので、自分が何に怒っているのか、何に対してイライラしてるのかも分からず、心にモヤモヤが溜まりストレスの原因がさらに増え、余計にキレてしまうからです。

言葉を知らないとネガティブになり、負の感情から抜けれない!

・社会人の場合、評価が下がる

社会人だと立ち振る舞いや言葉使いで、評価される事が多く語彙力が低いと頭が悪く見えるので評価が下げられる原因になるのです。

・語彙力がない人は文章力もない

語彙力は喋る時に必要になるイメージがありますが、文章を書く時にも必要になります。喋る時と同じで語彙力が無いと文章が単調に見えてしまい、伝えたい事が伝わらない事になるかです!

・自分の感情や思いを的確に伝えられない

すぐキレる場合と同じで、語彙力が無いと伝えたい事が的確に伝えられなくなり、受け取る方も困惑してしまいます!

自分の感情や思いを伝える事はコミュニケーションでも必須になってくるので語彙力が無いことで困ります。言葉を知る事は大切で知っていれば世界が変わる!

語彙力のつけ方


・本を読む

・新聞を読む

・インプットとアウトプット

・しりとりや言葉遊びをする

・類義語を覚える

・国語辞典を読む

・自分の知らない、触れた事がない単語に触れる

・知らない単語があれば書いて覚える

・語彙力アップには音読が効果的

・詩集、俳句、短歌、古典を読む

・年上で尊敬する人と話す

・電子書籍を使う


1つ1つ見ていきましょう!


・本を大量に読む

本を大量に読むのも必要ですが、効率的に語彙力を上げたい場合はノンフィクションのジャンルがオススメ!

理由はノンフィクションの場合、事実を伝えないといけないので専門用語も必要不可欠になり、沢山出てきます!その為、必然的に語彙力が上がります

フィクションの場合は単語を読み飛ばしてもストーリーがわかる場合が多く、ノンフィクションの場合、単語を読み飛ばすと話がつながらない事が多いので、その点でも効率的に語彙力を上げる事が出来ると言えます。

・新聞を読む


新聞にも色んな単語や言葉が載っていて、すぐに語彙力アップの為に始める事が出来ます。

新聞の場合、身近な言葉を使って比較的、誰にでも分かりやすく作っているので語彙力があまりない、、でも、本を読むのは苦手という人は新聞を読む所から始めるのもありだと思います!

・インプットとアウトプット

本や新聞を使い、自分が触れた事がない単語をインプットします!人は使わないと忘れてしまう生き物なので、実際に喋る時にインプットした言葉を使って喋り(アウトプット)しながら覚えるとより効果的です。

・しりとりや言葉遊びをする

しりとりや言葉遊びはアウトプットの際に効果的で、自分の言葉のレパートリーにもつながるので、出来るだけジャンルを縛りながら、しりとりなど言葉遊びをすると日常では使わない言葉も身に着ける事が出来ます。

・類義語を覚える

類義語を覚える事はそれだけ言葉のレパートリーが増えるという事なので、語彙力アップの為には必須になってきます!使いたい単語を類義語で調べて同じ意味の言葉を探すとより効果的に語彙力アップに繋がります。

・国語辞典を読む

国語辞典はわからない事を調べる事が出来る&日頃使わない単語が沢山あるので、本だけでなく、国語辞典を読むのもありだと思います。

・自分の知らない、触れたことがない単語に触れる!

語彙力は単語、言葉のレパートリーだと思っているので、本なら同じジャンルだけでなく、色んなジャンルや作家に手を出す事で色んな言葉や単語に触れる事ができ、吸収する事が出来ます!

作家によって言葉遣いが変わったりするので、同じ作家だけでなく、幅広く色んな作家を読むようにする。

・知らない単語があれば書いて覚える

覚えるには書く事も効果的なので、知らない単語や言葉があれば書いてアウトプットしていくのが良いと思います。

・語彙力アップには音読が効果的

語彙力アップの為には書いて覚える他声に出して読む事でより効果的に覚える事が出来ます!これは語彙力だけでなく、全てに言える事なので覚えたい事があれば声に出して覚えた方が効果的です!

・詩集、俳句、短歌、古典を読む

詩集、俳句、短歌などは言葉は難しいですが、日頃使わない単語を沢山使うので語彙力アップには効果的です。

本など長い文を読むのは苦手という人は詩集、俳句、短歌などから覚えていくのもありだと思います。古典は古い時代に著された物なので、現代では到底使わないであろう言葉が沢山あり、色んな言葉を覚えるという点で古典やひと昔前の作家を読むのもありです。

・年上で尊敬する人と話す

語彙力は話す相手でも変わってくるので、身近で年上の尊敬できる人と会話すると、語彙力アップに繋がります。

年上なので、知らない事も沢山知っていると思いますし、尊敬できる人なら素直にその人の言葉を吸収する事ができるからです!

・電子書籍を使う

電子書籍の場合、持ち運びが携帯1つで済み、空いた隙間に手軽に本を読む事が出来る点と分からない単語があっても調べられる機能がついているので、すぐに調べられる点がオススメです!

コミュニケーション能力とは

コミュニケーション能力とは、人と人の間でスムーズに意思疎通をする為の能力と言われています。コミュ力は大きく2つの要素からなると考えていて、その要素をまとめた力が会話力(コミュニケーション能力)だと思っています。


その2つは


聴く力+話す力=会話力(コミュニケーション能力)
だと思っています。

聴く力

聴く力とは相手の話を積極的に聴くという事です!聴く事が重要なの?と思う方もいるかもしれませんが、聴く力は全てにおいて重要だと言われており、成功している人の殆どが聴く力が凄いという話もあります。

聴く力の重要点

・会話力が上がる

・魅力的に見える

・人に好かれる

話を真剣に聴いてくれる人は誰が見ても魅力的に思えます!僕の友人にとっても尊敬できる人がいますが、その人の事を観察してみたら周りと比べれも断トツ聞き上手でした。

なので、聞き上手な人は魅力的に見えるってのは本当だったんだな~と思ったのを覚えています(笑)

話す力


自分の「考え」や「思い」を相手に伝える力です。
話す力は大人なら誰しもが持っています!持っていない人間は赤ちゃん位の「言語がまだ理解できない時期」か「言語についてまだ未発達の子供達」だけです。

話す力の重要点

・自分の感情や考えがちゃんと伝わる

・話す力があると楽しい人と思われる

・話す力がないと何も上手くいかない

話す力はかなり重要です。話すのが上手くないと自分の伝えたい「思い」や「考え」が上手く伝わらず、相手との関係が悪くなる事もあるからです!

会話力


「聴く力」と「話す力」=会話力(コミュニケーション能力)
で、

・二つの力がある人をコミュ力が高い人

・どちらか一つの力がある人を普通の人

・どちらもない人をコミュ障

だと言えます!

考えてみたら、コミュニケーション能力が高い人のイメージって個人的にはハッキリと喋り、明るく、周りに人が集まるイメージがあります!こんなイメージ(笑)↓

会話力 語彙力 人気者

なので、周りに人が集まる人は会話力も高い人という事ですね!実際に僕の友人にもいます。会った瞬間にハグ&握手を求めたりしてくる人なので、この人外国人だっけ?と思う事もしばしば(笑)

語彙力とコミュニケーション能力の関係性

では、本題になりますが語彙力とコミュニケーション能力って関係あるの?と疑問に思う方もいますよね、結論から言うと大ありです!

話す時、こんな事を感じた人はいませんか?

・私が話している時、上手く相手に伝わっている感じがしない!

・話が噛み合わない!

なぜか?それは、貴方の伝えたい「考え」や「思い」が的確に表現できていないのが原因だと考えられます。ここに会話力や語彙力も関わってきます!

語彙力が無いと自分の伝えたい事を的確に表現できなくなります。

具体例


伝えたい事がある! → でも、上手く伝える言葉が出てこない → 他の言葉を使う → 受け取る側が勘違いする!

上記のような事が起きるので上手く伝わらない!話が噛み合わない!という事が起きてしまいます。

上手く伝わる言葉が出てこない所が重要ポイントで、語彙力があれば言葉の数も変わってくるので的確な言葉が出てきやすい!

それだけでなく、語彙力があれば言葉のレパートリーが増え、聴いている人がこの人の話面白い!と感じる為、魅力的で知的な人に見え会話力+αになります。もしコミュニケーション能力を上げたい人は語彙力も一緒に勉強すると良いと思います!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は語彙力とコミュ力の関係性について書いてみました。語彙力がある人は文章力も変わってくると言われているので、ブログをやっている私自身も今後語彙力アップは必須になると思っています。

会話力も、もちろん社会で生活する中で必要不可欠なので、次回は会話力について詳しい記事を書きたいと思っています!!それでは、語彙力を上げて生活を豊かに楽しくしていきましょう!ではでは(@^^)/~~~

関連記事

Stay hungry Stay foolish

今回は話が面白い人には共通点があるのか?あったらどんな所が共通しているのか?を調べてみました。喋りが上手い有名人も共通点があり、話が上手くなる方法も紹介しているので良かったら読んで見てくださいね![…]

語彙力オススメの本



語彙力 会話力 関係性 コミュニケーション能力 コミュ力
チェックしてね!
広告